日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

知性と色気備わり…マギーに「ポスト・ベッキー大本命」の声

 29日、「AOKI&マイナビスチューデント」就活新スタイル発表会にマギー(22)が登場した。

 もし芸能界にいなかったら「建築の仕事をしたいなと思っていた。おうちをリフォームする番組がすごく好きだったんです」と語ったマギーは父親がカナダ人、母親が日本人のハーフ。2歳の頃に両親が離婚し、弟と共に父親に引き取られ、3~5歳をカナダ、6~9歳を京都で過ごし、その後は横浜で暮らしていた。08年、高校からの下校中スカウトされ、「レプロガールズオーディション」の「ベストスマイル賞」受賞を機に芸能界デビュー。「すぽると!」(フジテレビ系)の出演で一気に知名度を上げた。

 現在はファッション誌「ViVi」の専属モデル業のかたわら、バラエティータレントとしても露出が急増。起用するメディア側からも評判が良く、「『事務所は恋愛禁止なので』といいながら、『初キスは13歳』『クリスマスは赤い下着で気合を入れる』と、オープンなコメントをしてくれるので、テレビ側としてはありがたい。切り返しも速いので、会話のテンポも維持できる」(テレビ局関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事