知性と色気備わり…マギーに「ポスト・ベッキー大本命」の声

公開日:  更新日:

 29日、「AOKI&マイナビスチューデント」就活新スタイル発表会にマギー(22)が登場した。

 もし芸能界にいなかったら「建築の仕事をしたいなと思っていた。おうちをリフォームする番組がすごく好きだったんです」と語ったマギーは父親がカナダ人、母親が日本人のハーフ。2歳の頃に両親が離婚し、弟と共に父親に引き取られ、3~5歳をカナダ、6~9歳を京都で過ごし、その後は横浜で暮らしていた。08年、高校からの下校中スカウトされ、「レプロガールズオーディション」の「ベストスマイル賞」受賞を機に芸能界デビュー。「すぽると!」(フジテレビ系)の出演で一気に知名度を上げた。

 現在はファッション誌「ViVi」の専属モデル業のかたわら、バラエティータレントとしても露出が急増。起用するメディア側からも評判が良く、「『事務所は恋愛禁止なので』といいながら、『初キスは13歳』『クリスマスは赤い下着で気合を入れる』と、オープンなコメントをしてくれるので、テレビ側としてはありがたい。切り返しも速いので、会話のテンポも維持できる」(テレビ局関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る