知性と色気備わり…マギーに「ポスト・ベッキー大本命」の声

公開日: 更新日:

 29日、「AOKI&マイナビスチューデント」就活新スタイル発表会にマギー(22)が登場した。

 もし芸能界にいなかったら「建築の仕事をしたいなと思っていた。おうちをリフォームする番組がすごく好きだったんです」と語ったマギーは父親がカナダ人、母親が日本人のハーフ。2歳の頃に両親が離婚し、弟と共に父親に引き取られ、3~5歳をカナダ、6~9歳を京都で過ごし、その後は横浜で暮らしていた。08年、高校からの下校中スカウトされ、「レプロガールズオーディション」の「ベストスマイル賞」受賞を機に芸能界デビュー。「すぽると!」(フジテレビ系)の出演で一気に知名度を上げた。

 現在はファッション誌「ViVi」の専属モデル業のかたわら、バラエティータレントとしても露出が急増。起用するメディア側からも評判が良く、「『事務所は恋愛禁止なので』といいながら、『初キスは13歳』『クリスマスは赤い下着で気合を入れる』と、オープンなコメントをしてくれるので、テレビ側としてはありがたい。切り返しも速いので、会話のテンポも維持できる」(テレビ局関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る