ドラマ惨敗だった剛力彩芽 心配される「アンチ減少」の副作用

公開日:  更新日:

 剛力彩芽(22)が24日、東京・大井競馬場で開催された「第38回帝王賞」の会場に馬車に乗って登場した。

 15年度の東京シティ競馬(TCK)イメージキャラクターを務めている剛力はこの日、レース前にトークショーを開催。報道陣から馬車での登場に引っ掛けて、「白馬の王子は現れそう?」と聞かれると、「現れませんね。現れてほしい。白馬が似合う男性がいいですね」とはにかみながら話していた。

 ネット上では“アンチ”も多い剛力だが、最近は何を言われてもヘコたれない強いメンタルと持ち前の明るさがインタビューなどで知られ、評価を見直す声も増えている。

「現場のスタッフに対しても物腰が低く、芸能記者の顔や名前もしっかり覚える。居丈高な女優やモデルも多いだけに、彼女のことを嫌う関係者はほとんどいません。プロ意識が高く『彼氏と仕事のどちらを取るか』と聞かれ、『彼氏と別れます』と即答したというエピソードもあります」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る