ドラマ惨敗だった剛力彩芽 心配される「アンチ減少」の副作用

公開日: 更新日:

 剛力彩芽(22)が24日、東京・大井競馬場で開催された「第38回帝王賞」の会場に馬車に乗って登場した。

 15年度の東京シティ競馬(TCK)イメージキャラクターを務めている剛力はこの日、レース前にトークショーを開催。報道陣から馬車での登場に引っ掛けて、「白馬の王子は現れそう?」と聞かれると、「現れませんね。現れてほしい。白馬が似合う男性がいいですね」とはにかみながら話していた。

 ネット上では“アンチ”も多い剛力だが、最近は何を言われてもヘコたれない強いメンタルと持ち前の明るさがインタビューなどで知られ、評価を見直す声も増えている。

「現場のスタッフに対しても物腰が低く、芸能記者の顔や名前もしっかり覚える。居丈高な女優やモデルも多いだけに、彼女のことを嫌う関係者はほとんどいません。プロ意識が高く『彼氏と仕事のどちらを取るか』と聞かれ、『彼氏と別れます』と即答したというエピソードもあります」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  7. 7

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  8. 8

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

もっと見る