ドラマ惨敗だった剛力彩芽 心配される「アンチ減少」の副作用

公開日: 更新日:

 剛力彩芽(22)が24日、東京・大井競馬場で開催された「第38回帝王賞」の会場に馬車に乗って登場した。

 15年度の東京シティ競馬(TCK)イメージキャラクターを務めている剛力はこの日、レース前にトークショーを開催。報道陣から馬車での登場に引っ掛けて、「白馬の王子は現れそう?」と聞かれると、「現れませんね。現れてほしい。白馬が似合う男性がいいですね」とはにかみながら話していた。

 ネット上では“アンチ”も多い剛力だが、最近は何を言われてもヘコたれない強いメンタルと持ち前の明るさがインタビューなどで知られ、評価を見直す声も増えている。

「現場のスタッフに対しても物腰が低く、芸能記者の顔や名前もしっかり覚える。居丈高な女優やモデルも多いだけに、彼女のことを嫌う関係者はほとんどいません。プロ意識が高く『彼氏と仕事のどちらを取るか』と聞かれ、『彼氏と別れます』と即答したというエピソードもあります」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る