• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現場で“女王様待遇”も…武井咲に数字が伴わないジレンマ

 弱冠20歳ながら、立て続けに主演ドラマが放送されている武井咲。この秋も作家・森博嗣のベストセラーミステリーのドラマ化作品「すべてがFになる」でヒロインの理系女子大生を演じている。これが、今年に入って3本目の主演作。はた目にはまさにドラマ界の「若き女王」というべき存在に躍り出た。

 同ドラマの制作発表会見でも、4年ぶりに共演した12歳年上の綾野剛に対して臆することなく「(4年前は)透明感がある方だなって思ってましたが、今はダークなイメージ」と言い放ってあっけらかん。そして、「(お嬢さまという設定上)同じ洋服は着ないので、綾野さんに欲しいコートをおねだりしてます」と話すと、綾野も思わず「何とかしましょう」と苦笑いだった。

 撮影中、スタッフや共演者が困らないようにと、座長役の綾野は「綾野商店」と呼ばれる屋台をつくり、食品・日用品をタダで提供していて、そこには駄菓子やカップ麺も用意されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事