現場で“女王様待遇”も…武井咲に数字が伴わないジレンマ

公開日:  更新日:

 弱冠20歳ながら、立て続けに主演ドラマが放送されている武井咲。この秋も作家・森博嗣のベストセラーミステリーのドラマ化作品「すべてがFになる」でヒロインの理系女子大生を演じている。これが、今年に入って3本目の主演作。はた目にはまさにドラマ界の「若き女王」というべき存在に躍り出た。

 同ドラマの制作発表会見でも、4年ぶりに共演した12歳年上の綾野剛に対して臆することなく「(4年前は)透明感がある方だなって思ってましたが、今はダークなイメージ」と言い放ってあっけらかん。そして、「(お嬢さまという設定上)同じ洋服は着ないので、綾野さんに欲しいコートをおねだりしてます」と話すと、綾野も思わず「何とかしましょう」と苦笑いだった。

 撮影中、スタッフや共演者が困らないようにと、座長役の綾野は「綾野商店」と呼ばれる屋台をつくり、食品・日用品をタダで提供していて、そこには駄菓子やカップ麺も用意されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る