「クッキングパパ」うえやまとち氏に聞いた“レシピの作り方”

公開日:  更新日:

 週刊「モーニング」(講談社)の人気漫画「クッキングパパ」が今年5月、連載30周年を迎えた。先月には単行本132巻を刊行、世界で“ナンバーワン”の長さを誇るレシピ付き料理漫画だ。作家の、うえやまとち氏(61)にアイデアをひねり出す原動力を聞いた。

■どアホな料理が生まれると最高ですね

 始まりは、1985年の2号連チャンの読み切りだった。

「新人賞の反響があり、とりあえず2回ってことで始まったわけですが、予定の回数が終わると編集者から『もう1話書きませんか』と。3回分書いたところで今度は『お疲れさまでした』。ところが、しばらくすると『もうちょっとやります?』。漫画っていうのは読者からの反応がなければ『お疲れさまでした』の世界ですが、早いもので30年が経ちました」

 漫画の構想は毎回、料理から考える。料理本、料理サイト、プロの料理人、ご近所さん……あらゆるものからヒントを得て、自分でこしらえる。「僕は実践派。自分で何でもやってみないと気がすまない」。毎週のように難産を繰り返し、完成させたレシピを基に、「この料理は一体、登場人物の中で誰が一番おいしく食べるかを考える」。これまで1300超の料理を世に送り出してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る