「クッキングパパ」うえやまとち氏に聞いた“レシピの作り方”

公開日:  更新日:

 週刊「モーニング」(講談社)の人気漫画「クッキングパパ」が今年5月、連載30周年を迎えた。先月には単行本132巻を刊行、世界で“ナンバーワン”の長さを誇るレシピ付き料理漫画だ。作家の、うえやまとち氏(61)にアイデアをひねり出す原動力を聞いた。

■どアホな料理が生まれると最高ですね

 始まりは、1985年の2号連チャンの読み切りだった。

「新人賞の反響があり、とりあえず2回ってことで始まったわけですが、予定の回数が終わると編集者から『もう1話書きませんか』と。3回分書いたところで今度は『お疲れさまでした』。ところが、しばらくすると『もうちょっとやります?』。漫画っていうのは読者からの反応がなければ『お疲れさまでした』の世界ですが、早いもので30年が経ちました」

 漫画の構想は毎回、料理から考える。料理本、料理サイト、プロの料理人、ご近所さん……あらゆるものからヒントを得て、自分でこしらえる。「僕は実践派。自分で何でもやってみないと気がすまない」。毎週のように難産を繰り返し、完成させたレシピを基に、「この料理は一体、登場人物の中で誰が一番おいしく食べるかを考える」。これまで1300超の料理を世に送り出してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る