日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市村正親を救った篠原涼子の「命のレシピ」に出版界が熱視線

 出版業界が篠原涼子(41)に熱い視線を送っている。

 篠原は先月、夫の市村正親(65)が胃がんを患っていることが明らかに。市村はすでに腹腔鏡手術を受けて今月9日に退院し、現在は11月の舞台復帰に向けて自宅療養中だが、この胃がんの早期発見には篠原の“内助”があったというのだ。

「篠原は結婚後、20歳以上も年上の市村の体調を気遣い、栄養を考えた献立を食卓に並べています。『レシピノート』をマメにつけていて、そこには、献立の内容のみならず、市村がどのぐらい食べたかや、残したものなど反省点もつづられているそうです。このところ市村の食べる量が減っていたため心配した篠原が『病院に行ってみれば』とすすめ、市村に自覚症状はなかったものの病院に検査に行ったところ、がんが発覚。篠原の気遣いがなければ、もっとがんが進行していたはずです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事