市村正親を救った篠原涼子の「命のレシピ」に出版界が熱視線

公開日: 更新日:

 出版業界が篠原涼子(41)に熱い視線を送っている。

 篠原は先月、夫の市村正親(65)が胃がんを患っていることが明らかに。市村はすでに腹腔鏡手術を受けて今月9日に退院し、現在は11月の舞台復帰に向けて自宅療養中だが、この胃がんの早期発見には篠原の“内助”があったというのだ。

「篠原は結婚後、20歳以上も年上の市村の体調を気遣い、栄養を考えた献立を食卓に並べています。『レシピノート』をマメにつけていて、そこには、献立の内容のみならず、市村がどのぐらい食べたかや、残したものなど反省点もつづられているそうです。このところ市村の食べる量が減っていたため心配した篠原が『病院に行ってみれば』とすすめ、市村に自覚症状はなかったものの病院に検査に行ったところ、がんが発覚。篠原の気遣いがなければ、もっとがんが進行していたはずです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る