“板前級”の料理の腕で国生さゆりの胃袋を掴んだメッセ黒田

公開日: 更新日:

 女性誌がスクープした芸人・メッセンジャー黒田と国生さゆりの熱愛。後日、一部スポーツ紙に載ったタイトルが「交際を認めた」だった。

 最近、頻繁に発覚する熱愛報道。大半は無言か「友達です」でスルーしてしまう人が多いだけに、認めただけで大きなニュース扱いになるようだ。別に認めなくても、週刊誌の決定的な証拠写真だけで2人の仲はおおよそ想像がつく。結局、認めるか認めないかは各自の芸能界における立ち位置に関係している。

 日曜日の「ヨルタモリ」にゲスト出演した田原俊彦の話が象徴的だった。アイドル全盛期を振り返り、「ちょっとおイタなんかしちゃうと、急にレコードの売り上げが半分になったりとか、コンサート会場の2階が誰もいなかったりした」と明かした。

 それは昔も今も変わらないと思う。アイドルが熱愛を認めないわけである。逆に芸人と女性タレントの組み合わせは隠すほうが「アイドルじゃあるまいし」と反感さえ買われてしまう。オープンにしたほうが得策でもある。なによりもおしゃべりタレントとしての「ネタ」になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る