日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松田聖子 期待高まるユーミン作曲「35周年シングル」の勝算

 ファンの間でデビュー35周年を記念してこの秋にも発売予定の松田聖子(53)のニューシングルへの期待が高まっている。

 10日に行われたコンサートで本人が明らかにしたところによると、作詞は松本隆、作曲は松任谷由実、編曲は松任谷正隆が担当するという。3人がタッグを組むのは「Rock’n Rouge」(84年)以来ということで、盛り上がっているのだ。果たして勝算は?

「今の音楽業界でミリオンなんてとてもとても。80~90年代にミリオンを連発したかに見える聖子チャンも100万枚を突破したのは96年の『あなたに逢いたくて』(110万枚)のみ。続いて83年の『ガラスの林檎』が85万枚、80年の『風は秋色』が80万枚、これがベスト3です。しかも、97年の『私だけの天使』を最後にセールスはガクンと落ち、1万枚を超えるのもやっとの状況が続いているのです」(音楽プロデューサー)

 ま、聖子チャン自身は記念コンサートや年末のディナーショーでウハウハだろうが、話題のCDはせいぜい「10万を超えれば御の字」というのが音楽業界の常識らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事