松田聖子 期待高まるユーミン作曲「35周年シングル」の勝算

公開日:  更新日:

 ファンの間でデビュー35周年を記念してこの秋にも発売予定の松田聖子(53)のニューシングルへの期待が高まっている。

 10日に行われたコンサートで本人が明らかにしたところによると、作詞は松本隆、作曲は松任谷由実、編曲は松任谷正隆が担当するという。3人がタッグを組むのは「Rock’n Rouge」(84年)以来ということで、盛り上がっているのだ。果たして勝算は?

「今の音楽業界でミリオンなんてとてもとても。80~90年代にミリオンを連発したかに見える聖子チャンも100万枚を突破したのは96年の『あなたに逢いたくて』(110万枚)のみ。続いて83年の『ガラスの林檎』が85万枚、80年の『風は秋色』が80万枚、これがベスト3です。しかも、97年の『私だけの天使』を最後にセールスはガクンと落ち、1万枚を超えるのもやっとの状況が続いているのです」(音楽プロデューサー)

 ま、聖子チャン自身は記念コンサートや年末のディナーショーでウハウハだろうが、話題のCDはせいぜい「10万を超えれば御の字」というのが音楽業界の常識らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る