日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体育会系で“電機好き” 片瀬那奈の知る人ぞ知る「男前伝説」

 スラリと伸びた美脚。かつては水野真紀や松嶋菜々子を輩出したパナソニックの3代目「きれいなおねえさん」も務めた。そんな美人女優・片瀬那奈(33)が初主演となる連ドラ「オンナミチ」(NHKBSプレミアム)の会見(14日)で、容姿に似合わぬぶっちゃけトークを披露した。

「普段は誰よりもしゃべってうるさいくらいですが、今回は主演ということもあり、女優さんらしくしようとしましたが、2分も持ちませんでした」「これまでの役はバカとかドジとか言われることが少なかったので(今回の役は)快感です。普段はSもMもどっちもです」という具合。

 これには片瀬の素顔を知らない読者はビックリだったに違いないが、関係者は平然としたもの。実は片瀬は知る人ぞ知る“ぶっちゃけ女優”で、その「男前伝説」は数知れないのだ。

「“体育会気質”は本人も認めるところです。元バレーボール選手の父親とソフトボール選手の母親との間に生まれ、本人は中学時代、硬式テニスに打ち込んでいた。真っ黒に日焼けして白球を追う日々を送り、大事な大会を前に肩を骨折した際は、ギプスをはめたまま試合に臨んだそうです。芸能界入りしてからは“サッカー通”として知られ、W杯南アフリカ大会ではテレビのスペシャルサポーターも務めていた」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事