• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

関連株が急騰も…ピース又吉「芥川賞」効果は“刹那の火花”?

 お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(35)の“進撃”は、どこまで続くのか。16日に芥川賞を受賞した小説「火花」。発行部数は100万部を超え、出版業界への恵みの雨となった。そんな“又吉効果”が、株式相場にまで恩恵を及ぼしている。

 受賞翌日の17日。書店チェーンの「文教堂グループホールディングス」は、一時ストップ高の434円まで買われ、年初来高値を更新した。「丸善CHIホールディングス」も前日比24円高の425円と、こちらも年初来高値を記録。

 又吉効果が及んだのは書店関連だけじゃない。電子書籍を手掛ける「アルファポリス」も、前日比365円高の3720円で年初来高値をつけ、又吉がCMに出演しているファッション通販サイトの「バイマ」を運営する「エニグモ」は、一時、前日比53円高の1460円となった。芥川賞の受賞が株価を押し上げるなんて異例だ。マネー評論家の新田ヒカル氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る