ワイドショーまで殺到…又吉「芥川賞」受賞会見の“異様”ぶり

公開日:  更新日:

「今、誰も笑ってないですけど」

 会場を見渡し、金屏風の前で苦笑いした「ピース」の又吉。普段立つ舞台とはあまりにも雰囲気が違ったのだろう。「嘘みたいな感じ。金屏風、似合ってますかねえ?」と顔をひきつらせていた。

 処女作「火花」が「第153回芥川賞」を受賞し、例年の「芥川賞・直木賞」の受賞会見では考えられない数のマスコミが集結。テレビカメラ30台以上、200人以上の取材陣が会場に押し寄せた。ワイドショーと文芸関係者という対照的な“人種”が入り混じる異様な光景に、直木賞を受賞した東山彰良氏(46)も「芥川賞が注目されるついでに直木賞も注目していただけて、“まるもうけ”だと思います」と笑うしかなかった。

 普段から人前に立って注目されるという意味で一番“場数”を踏んでいるはずの又吉だが、受賞者3人の中で一番ガチガチ。会見前の祝杯では「シャンパンに口をつけるだけのつもりが2杯いってもうた」という。会見で「芥川(龍之介)はおそらく僕みたいな髪形のやつは嫌いやと思う。ベートーベンのことを『天才ぶってる』と書いてあるのがあったし」と言うのが精いっぱいだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る