カラオケ人気1位 一青窈が「ハナミズキ」印税で稼いだ3億円

公開日:  更新日:

「一青窈(38)は『ハナミズキ』で一体いくら稼いだのか」――音楽関係者の間でこんなヒソヒソ話がささやかれている。

 4日放送された「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)の「キャラオケタイムマシーン2000」というコーナーで、2000年代(2000~09年)にカラオケで最も歌われた歌ベスト5が発表され、堂々1位に輝いたのが「ハナミズキ」だったからだ。

 ある楽曲がカラオケで何回歌われたのか。ちょっと前まではサンプル調査だったが、通信カラオケが普及した現在では実数まで把握できるという。このデータをもとにJASRAC(日本音楽著作権協会)が全国のカラオケ店から集めたカネを権利者に分配する仕組みになっている。

 権利者とは作詞家、作曲家で、歌手は含まれないが、一青窈はハナミズキの作詞も手掛けているから(作曲はマシコタツロウ)、「さぞやガッポリ」と思われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る