日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピース綾部は意気消沈も 又吉との“コンビ格差ブーム”継続中

 25日、お笑いコンビ「ピース」が「大覚寺カフェ オープン記念イベント」に出席した。

 又吉直樹(35)は処女小説「火花」が累計発行部数40万部を突破。芥川賞にノミネートされたこともあり、テレビや雑誌の取材に引っ張りだことなっている。

 又吉が小説を発表するまでは、どちらかというと「熟女好きキャラ」などを前面に押し出していた綾部祐二(37)が人気だった。ところが、今や人気と旬は完全に逆転。最近、増えたコンビでの仕事も内容は“コンビ格差”についてがほとんどだとか。

 お株を奪われた「又吉センセイ」に、相方の綾部はすっかり意気消沈し、「マネジャーから『お米作りに興味ありますか?』って聞かれた。秋には米を作ってるかもしれないので、僕はお米に専念します」といじけていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事