新「相棒」反町隆史は“引き立て役”に徹することができるか?

公開日:  更新日:

 10月にスタートする、テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」season14の“相棒”に抜擢された反町隆史(41)。仲間由紀恵や織田裕二の名が取り沙汰されたが、主演の水谷豊の意向やスケジュールの関係で反町に決まった、ともっぱらだ。

 相棒・反町には賛否両論あるが、水谷は「出会うべくして出会った相棒」とコメントし、反町は「水谷さんの熱い思いに応えたい」と、相思相愛の様子。現場で“天皇”ともいわれる水谷の機嫌を損ねなければ、案外、うまくやっていけるかもしれない。

「要は、水谷さんを引き立てて出しゃばらず、かといって芝居で足を引っ張らず、視聴率が取れればいいわけです。反町さんは芝居は問題ないでしょう。ただ、『GTO』で一世を風靡しただけあって、ルックスは歴代の相棒のなかでも野性的で色気がある。小柄な水谷さんに比べ、180センチと背が高く、日に焼けてかっこいいですから、引き立て役に徹することができるかどうか。最近は不名誉にも“低視聴率男”のレッテルを貼られているので反町自身にとっても正念場です」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る