新「相棒」反町隆史は“引き立て役”に徹することができるか?

公開日:  更新日:

 10月にスタートする、テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」season14の“相棒”に抜擢された反町隆史(41)。仲間由紀恵や織田裕二の名が取り沙汰されたが、主演の水谷豊の意向やスケジュールの関係で反町に決まった、ともっぱらだ。

 相棒・反町には賛否両論あるが、水谷は「出会うべくして出会った相棒」とコメントし、反町は「水谷さんの熱い思いに応えたい」と、相思相愛の様子。現場で“天皇”ともいわれる水谷の機嫌を損ねなければ、案外、うまくやっていけるかもしれない。

「要は、水谷さんを引き立てて出しゃばらず、かといって芝居で足を引っ張らず、視聴率が取れればいいわけです。反町さんは芝居は問題ないでしょう。ただ、『GTO』で一世を風靡しただけあって、ルックスは歴代の相棒のなかでも野性的で色気がある。小柄な水谷さんに比べ、180センチと背が高く、日に焼けてかっこいいですから、引き立て役に徹することができるかどうか。最近は不名誉にも“低視聴率男”のレッテルを貼られているので反町自身にとっても正念場です」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る