成宮寛貴は卒業も…ドラマ「相棒」サザエさん的定番化の秘訣

公開日: 更新日:

 テレビ朝日系「相棒」で、水谷豊演じる杉下右京の“相棒”がまた代わる。4日、3代目・甲斐享役の成宮寛貴が今シーズンをもって卒業すると正式に発表された。

 成宮は12年10月のseason11から現在のseason13まで3年間出演。最初は華奢で親子ほど年の離れていることから、大丈夫かと思ったが、徐々に相棒らしくなってきただけに残念。

 この“3シーズン”は正義感が強く、若さゆえに暴走しがちな「カイト君」が右京の下でいかに成長していくかという、成長物語でもあった。事件解決だけでなく、そちらのサイドストーリーを楽しむこともできた。

 そう考えると、行動派で感情的な寺脇康文の初代・亀山薫、2代目は頭脳派の及川光博演じる神戸尊、それぞれに良さがあり、右京の相棒が代わることでその化学反応を愛でるのも、「相棒」ワールドの楽しみ方ではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る