日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

尾野真千子の結婚相手 44歳LDH専務は超ヤリ手の業界大物

 女優の尾野真千子(33)が「EXILE」「三代目J Soul Brothers」など人気グループが所属する大手芸能プロダクション「LDH」専務の森博貴氏(44)と結婚していたことが明らかになった。

 尾野は97年に河瀬直美監督作「萌の朱雀」で主演デビュー。11年にはNHK連続テレビ小説「カーネーション」のヒロイン役で注目されて以降、今では日本を代表する演技派女優のひとりに数えられる。これまでウワサになった男性といえば、お笑い芸人の「ほっしゃん。」、俳優の高橋一生らがいたが、結婚相手が芸能プロ幹部とは意外である。

 尾野はドラマ「名前をなくした女神」や「最高の離婚」などでEXILEのメンバーと共演する機会があり、ドラマの打ち上げの際に森氏と知り合い交際に発展。結婚まではトントン拍子に運んだという。

「森氏は今後の芸能界を担う大物のひとり。尾野の男を見る目は確かです」とうなるのはさる芸能関係者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事