「報ステ」好調も…曜日別コメンテーターの残念な“ちぐはぐ”

公開日:  更新日:

 安保法案の審議が続く今、「報道ステーション」(テレビ朝日系)が安定した人気で、ネットでの支持も高い。今まで政治に興味が薄かった主婦や学生が「反対」を意思表示する時代だから、国会デモを中継したり、政権批判をさりげなく伝える報ステが注目されているのも必然か。

 だが、コメンテーターが残念すぎる。古賀茂明氏の“官邸からの圧力で降板”発言騒動後、3月最終週にメンバーが一新。古賀氏とは関係なく事前に決まっていたと思うが、それまで月~木は朝日新聞の人で、金曜は古賀氏のような週替わりレギュラーだったのを、曜日ごとのレギュラーに変えた。このメンバーが統一感ゼロ!

 木村草太氏は憲法学者なので、安保法制の話ならピタリとはまるし、今週のように礒崎補佐官の失言を受けて「法的安定性」についてコメントするなら専門分野だが、核のゴミの自治体説明会について聞かれても、「国家権力と国民との関係が……」「民主主義のプロセスが……」とちょっと別の話になっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る