河北麻友子の“ふっくら美脚”写真に「細すぎず素敵!」の声

公開日: 更新日:

 インスタグラムでの"細さ自慢"に終わりが来るかも知れない。モデルでタレントの河北麻友子(23)が3日に公開したふっくら健康的な写真に、多くの賛同が集まっているからだ。

 丈が短い真っ白なワンピースからは自慢の美脚がスラリと伸びるが、その両脚は過去の写真よりふっくらして見える。<かわゆす><ちょーかわいい!!>など、美しさを愛でるコメントに混じり、<今の足の細さがベスト><私も今の脚、前よりも好き><前みたいな細すぎる脚より断然きれい>といった"ふっくら礼賛"コメントが目立つ。

 なにせ河北といえば、インスタグラムで公開する自身の写真のガリガリぶりに、<体が細すぎて折れそう><ガイコツみたい>などと、心配コメントが寄せられることが多かった。3週間前の写真には、<痩せすぎじゃないの? 逆に心配?><細すぎない? 足…心配><細すぎてビビる>などの声が集まっていた。それが今回のふっくら写真だ。この3週間で劇的な体質改善でもあったのか、単なる食べ過ぎなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る