“正統派”の河北麻友子 バラエティーで「体当たり芸」の理由

公開日:  更新日:

「国民的美少女」に異変?

 29日、河北麻友子(22)と鈴木奈々(25)が競馬歴25年の林修(48)の開いた「誰でもわかる日本ダービー講座」に参加。林が日本ダービーの歴史や過去のレースについて熱弁すると、競馬初心者の河北は「勉強になりました。逆に短くてよかった。先生、熱くなるとマニアックになるので」とさらりとかわしていた。

 河北は「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)の金曜レギュラー。「バラエティータレント」という印象が強いが、03年の「全日本国民的美少女コンテスト」(オスカープロ主催)でグランプリとマルチメディア賞をダブル受賞した“正統派”。だが、最近はレギュラー出演している「世界の果てまでイッテQ!」(日テレ系)で、出川哲朗(50)のアシスタントとしてロケに参加して、振り袖のまま氷点下の池へ豪快にダイブしたり、全身タイツを披露したり、芸人バリの体当たりな“芸風”を見せている。一体、どうしちゃったの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る