日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“正統派”の河北麻友子 バラエティーで「体当たり芸」の理由

「国民的美少女」に異変?

 29日、河北麻友子(22)と鈴木奈々(25)が競馬歴25年の林修(48)の開いた「誰でもわかる日本ダービー講座」に参加。林が日本ダービーの歴史や過去のレースについて熱弁すると、競馬初心者の河北は「勉強になりました。逆に短くてよかった。先生、熱くなるとマニアックになるので」とさらりとかわしていた。

 河北は「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)の金曜レギュラー。「バラエティータレント」という印象が強いが、03年の「全日本国民的美少女コンテスト」(オスカープロ主催)でグランプリとマルチメディア賞をダブル受賞した“正統派”。だが、最近はレギュラー出演している「世界の果てまでイッテQ!」(日テレ系)で、出川哲朗(50)のアシスタントとしてロケに参加して、振り袖のまま氷点下の池へ豪快にダイブしたり、全身タイツを披露したり、芸人バリの体当たりな“芸風”を見せている。一体、どうしちゃったの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事