暴露トーク連発 女優・高橋ひとみが狙う“第2の鈴木砂羽”

公開日:  更新日:

「酔ったら、ミユキっていうキャラが出てくるんです」「高橋克実さんや竹中直人さんの頭皮をペロペロなめちゃったこともあります」

 こんなことを言ってケラケラ笑う姿は、80~90年代に大ヒットしたドラマ「ふぞろいの林檎たち」のイメージとはまるで違う。23日で54歳になる女優の高橋ひとみが「ぶっちゃけキャラ」となり、マツコ・デラックスが司会のバラエティー「アウト×デラックス」(フジ)などで暴露トークを披露し話題だ。

 発売中の「宝島」9月号のインタビューでも、酔うと記憶をなくし、男の頭の匂いをかいだり、電話魔になり、呼び出したくせに「何でいるの?」と絡むことから、中井貴一(53)は夜電話しても出てくれなくなったと語っている。一体どうしちゃったのか。マスコミ関係者が言う。

「高橋は2011年にホリプロの子会社に移籍したのですが、そのホリプロの女優で、飲み歩き番組に出たり、ぶっちゃけキャラで人気の鈴木砂羽と同じ路線も狙おうという戦略なのでしょう。火曜夜のバラエティー『幸せ!ボンビーガール』などで砂羽がやっているように、『アウト×デラックス』ではハジけているのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る