今年もコスプレ狂騒曲か TERUがハロウィーン特殊メーク披露

公開日:  更新日:

 早くも狂騒曲の予感――。昨年、SNS上で繰り広げられた、芸能人による「ハロウィーンコスプレ合戦」。今年もシーズンが到来したが、4人組ロックバンド「GLAY」のTERU(44)が9日、さっそくインスタグラムでハロウィーンコスプレ姿を披露し、ファンから喝采を浴びている。

 TERUが公開したのは、フランケンシュタインのように顔に縫い目をつけて撮影した写真。「HAPPY HALLOWEEN」の文字が書き込まれており、<傷メイク迫力あって、目がいいです!!><テルシュタインですか? 格好いいな〜>とファンからの反応は上々だ。TERUは昨年もインスタグラムでドラキュラ姿を披露し、<あたしの血も吸って下さい>など多数の称賛を浴びた。

 TERUに限らず、SNS上で多くの芸能人がコスプレを披露して、盛り上がった昨年。木下優樹菜(27)は「眠れる森の美女」のマレフィセント、大島優子(26)は「101匹わんちゃん」のクルエラ、DAIGO(37)は「ピーターパン」のフック船長、伊東美咲(38)は「アナと雪の女王」のアナ……といった具合に、これでもかと芸能人のコスプレ姿があふれ返った。

 年々、ハロウィーンブームの勢いは増しているが、今年はどうなることやら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る