100キロ完走で評価急騰 DAIGOに舞い込む仕事とギャラ

公開日:  更新日:

 バラエティータレントとしてメキメキと頭角を現しつつあるDAIGO(37)の快進撃が止まらない。日本テレビ「24時間テレビ38 愛は地球を救う」で100キロのマラソンを完走し、日本武道館にゴールした瞬間の最高視聴率は34.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ランナーとしての下馬評はイマイチだったにもかかわらず、「想定外の高視聴率を獲得した」(日テレ関係者)と評価もウナギ上りなのである。

「2日間(今月22~23日)の番組平均は15.4%で歴代18位タイ。それでも関係者のリアクションは上々です。DAIGOの絶不調ぶりを伝えながらも武道館に近づくさまを中継した『24時間~PART9(17時23分~19時)』は視聴率24.5%、エンディングとなる『PART10(19時~20時54分)』も26.7%。その後にオンエアされた『行列のできる法律相談所』も視聴率19.6%を記録するなど局全体の視聴率底上げに貢献した。結果、第34週(8月17~23日)の視聴率3冠王を獲得できた。まさにDAIGOパワーといっても過言ではない」(広告代理店幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る