“キムタクの裏”で初主演…大島優子ドラマに評価は真っ二つ

公開日:  更新日:

 元AKB48大島優子(26)の初主演ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(TBS系)は、初回放送(16日)の平均視聴率が9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

 同じ時間帯に放送され、今期民放ドラマでトップとなる平均視聴率16.7%(同)と好発進をきった木村拓哉(42)の「アイムホーム」(テレビ朝日系)と比較し、大島の演技や作品について、さまざまな意見が飛び交っている。

 大島の「ヤメゴク」と木村の「アイムホーム」はともに木曜9時枠で、「アイホーム」は木村が、フジテレビからテレビ朝日に“くら替え”して臨んだ話題作だ。直前には上戸彩(29)の妊娠報道もあり、さらに世間の注目を集めた。

 対する「ヤメゴク」も初主演となる大島に加え、映画化された「ケイゾク」「SPEC」など人気作を手がけた監督の堤幸彦(59)、プロデューサーの植田博樹(48)のコンビを起用。万全を期して「アイホーム」と同じく15分拡大で挑んだが、各メディアでは、早くもキムタクドラマの“裏番組”扱いになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る