“キムタクの裏”で初主演…大島優子ドラマに評価は真っ二つ

公開日: 更新日:

 元AKB48大島優子(26)の初主演ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(TBS系)は、初回放送(16日)の平均視聴率が9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

 同じ時間帯に放送され、今期民放ドラマでトップとなる平均視聴率16.7%(同)と好発進をきった木村拓哉(42)の「アイムホーム」(テレビ朝日系)と比較し、大島の演技や作品について、さまざまな意見が飛び交っている。

 大島の「ヤメゴク」と木村の「アイムホーム」はともに木曜9時枠で、「アイホーム」は木村が、フジテレビからテレビ朝日に“くら替え”して臨んだ話題作だ。直前には上戸彩(29)の妊娠報道もあり、さらに世間の注目を集めた。

 対する「ヤメゴク」も初主演となる大島に加え、映画化された「ケイゾク」「SPEC」など人気作を手がけた監督の堤幸彦(59)、プロデューサーの植田博樹(48)のコンビを起用。万全を期して「アイホーム」と同じく15分拡大で挑んだが、各メディアでは、早くもキムタクドラマの“裏番組”扱いになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る