ダチョウ倶楽部で30年 上島竜平が語る「愛されキャラ」の流儀

公開日:  更新日:

 今年で芸歴30周年を迎えたダチョウ倶楽部。定番となった「熱湯風呂」や「アツアツおでん」など、体を張った芸は今も色あせない。なぜ、第一線で活躍を続けることができるのか。上島竜兵(54)は「80歳になっても3人で熱湯風呂に入りたいですね。もちろん、おでんもやりたい。ただ、熱湯風呂に入っても、熱がらず『いい湯だな』となったらヤバいですよね……。笑えませんから」と言う。

 リーダーの肥後克広(52)、寺門ジモン(52)とともに“リアクション芸”を追求し続ける。一時、3人の“不仲説”が流れたこともあったが、いまだに飲みに行くほど仲が良いという。

「気持ちが悪いんですが、50歳を過ぎてから、より仲良くなった気がするんです。以前は、寺門に対して『楽屋でも肉の話ばかりして……うるさいんだよな』『ダメだ、俺的には無視しよう』と思ったけど、今はむしろ、お肉のことを突っ込んだほうが面白いかなと。リーダーのことは本当に認めているんです……こう言うとリーダーは嫌がるけど。2人の力があったほうが、俺ももっと面白くなるしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る