• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤ちゃんにタジタジ 「朝が来た」の波瑠が語る朝ドラの“洗礼”

 28日からスタートする連続テレビ小説「あさが来た」(NHK)でヒロインを務める波瑠(24)。幕末から明治をたくましく生きた女の物語で、京都で両替屋と呉服店を営む豪商の次女・あさを演じる。あさは正義感が強い相撲好きなおてんば娘というキャラクターのため、オーディションでは「相撲審査」があったという。

 もちろん相撲を取ったことはありませんでした。「朝ドラ」のオーディションは今回で4回目で、毎回違うことをやらされるだろうなという経験があったので、突然コレをやれと言われてもビックリしなくなりましたね。「あさが来た」のオーディションではないですが、「あまちゃん」の1次審査では「何でもいいから歌え」と言われて。当然、何の準備もしてなくて、とっさに中学校の校歌を歌いました。校歌って誰も知らないから、もし音痴でも誰も気付かないかなあと思って(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事