母べえ(2008年 山田洋次監督)

公開日: 更新日:

戦争に反対しただけで虐殺された時代

 黒沢映画などでスクリプターを務めた野上照代の自伝的エッセーを映画化。「昭和」の暗黒を描く問題作だ。

 1940(昭和15)年、東京の野上家ではドイツ文学者の滋(坂東三津五郎)と妻の佳代(吉永小百合)が幼い娘たちとともにつましく暮らしていた。ある夜、…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    <35>納得いく表現のために猫を…漫画家・平田弘史の狂気

  10. 10

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

もっと見る