米倉涼子「大奥」お蔵入りのピンチ…高部あい薬物逮捕の余波

公開日: 更新日:

 しかし、「高部の問題は美の総合商社と呼ばれるほど巨大化したオスカーの構造的な問題です」と話すのは別の芸能関係者だ。

「高部は埼玉にあるキリスト教系の中高一貫校の特進クラス出身で、頭はすこぶるよく、現役でお茶の水女子大を目指せるレベルでしたが、04年に国民的美少女コンテスト受賞を機に芸能界入りし、堀越高校に転校。人生が大きく方向を変えた瞬間でした。しかし、卒業後も思うようには売れず、仕事も尻すぼみ。それは実力主義の芸能界だけに仕方がない面もある。ただ、この10年はオスカーがモデルプロから総合芸能プロダクションへと大きく変化していく過程で、マネジャーはどんどんサラリーマン化が進んだ。米倉、菊川、上戸などトップクラスはまだしも、高部クラスに専属マネジャーがつくことはなく、ほったらかし状態。情熱をもって自分の担当するタレントを育てようと働く熱血タイプは少なかった。バーターで回ってくる仕事や意に沿わないお色気系の仕事ばかりではメンタルがおかしくなるのも当たり前。年齢的にもこのまま芸能活動を続けるのか不安を感じた時に身近に相談相手がおらず、悪い男にそそのかされて魔が差したのでしょう」

 光が強いほど影も濃いのが芸能界。第2、第3の高部が出ない保証はどこにもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

  9. 9

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  10. 10

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る