フジ「改編」また暗雲…低迷の昼番組にカトパン投入プランも

公開日:  更新日:

 かつての「視聴率3冠王」は見る影もなく、フジテレビの迷走ぶりが止まらない。

 先月30日に発表されたフジ・メディア・ホールディングスの16年3月期第2四半期の決算で明らかになったのは、視聴率の低迷による広告収入の大幅減。フジテレビ単体の営業利益(▲10億1600万円)、経常利益(▲2億300万円)、当期純利益(▲2億4700万円)といずれもマイナス。開局以来、初の赤字という無残な結果に終わった。

 視聴率が稼げない大きな要因のひとつは、平日昼の時間帯の不調だ。王者・日本テレビの強みは「ヒルナンデス!」→「情報ライブ ミヤネ屋」→「news every.」と昼12時台から18時台まで“ながれ視聴”を確保していることにある。その牙城に切り込むため、フジは小堺一機司会の長寿番組「ごきげんよう」と、系列の東海テレビ制作の「昼ドラ」を来春で打ち切りにするという報道が出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る