東京ドラマアウォード席巻 鈴木亮平「世界で勝負」の可能性

公開日: 更新日:

 俳優の鈴木亮平(32)が「東京ドラマアウォード2015」の助演男優賞に輝いた。NHK朝ドラ「花子とアン」で演じたヒロイン(吉高由里子)の相手役、そしてTBSテレビ開局60周年記念作品「天皇の料理番」での主人公(佐藤健)の兄役と、大作2本での演技が評価されての受賞。

 同アウォードは14年7月から今年6月までに国内で放送された全作品を対象とし、〈世界に見せたい日本のドラマ〉を選奨するもので、助演賞をゲットしたとなれば“世界で勝負できる日本の俳優”としてのお墨付きを得たといったところだろう。今年で役者歴8年目。東京外語大卒で語学堪能で知られるが、この1年間は国内のドラマ界に大きな存在感を印象づけた。

「朝ドラヒロインの相手役は伝統のある役柄。花子さんへの愛情だけを考えて演じました。『天皇の料理番』も愛情の大切さを教えてくれた。スタッフも俳優も愛情を注いで取り組みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る