• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「第2の篠原涼子」なれるか 清水富美加は芸人と共演で腕磨き

「芸人がまた共演したい女優」ナンバーワンだという。

 NHK朝ドラ「まれ」にヒロインの親友・一子役で出演し、“国民的女優”の仲間入りを果たした清水富美加(20)。

「女優業をひた走るかと思いきや、女優業と並行してバラエティー番組に引っ張りだこ。10月からコント番組「SICKS~みんながみんな、何かの病気」(テレビ東京系)でレギュラーを務め、早口でオタク用語を連発するセリフを長回しという状況でクリア。「おぎやはぎ」や「オードリー」からのアドリブにも瞬時に対応してみせた。

 バラエティーの“素質”は中学2年生のころからあったようで、「レプロガールズオーディション2008」でグッドキャラクター賞を受賞した当時について「中学生のときは正直モテてて、自分がかわいいと勘違いしていた。でも、いざオーディションに行ったらオーラのある人とかオッパイの大きな人とかたくさんいて、これは普通にやっても受からないぞ、と悟ったんです。そこで、わざとマイクに頭ぶつけたりとか、最後の挨拶でDAIGOさん風にダルそうに『グランプリくださぁい』と言ったら賞をもらえました」とバラエティー番組で振り返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事