亡き母に孫の顔見せられず 志村けんはなぜ結婚しなかった?

公開日:  更新日:

「孫の顔を見るまでは死なない」が口癖だったと言って、目を光らせたタレントの志村けん(65)。その母和子さん(享年96)の26日の通夜でのことだ。

「独身貴族のイメージがありますが、志村さん本人は結婚願望が強く、年を取るごとに嫁探しに必死でした。最近では、『バカ殿様』などでのパートナーの優香(35)。30歳という年の差をものともせず猛アタックしたものの、あえなく撃沈。その後、グラドルの岸明日香(24)に切り替え、それも袖にされると、多岐川裕美の娘で、松方弘樹の長男と離婚したばかりの多岐川華子(27)に色目をつかいだした。それも年の差などの理由で相手にされていないようです」とテレビ局関係者は言う。

 コメットさんこと大場久美子(55)に始まり、いしのようこ(47)、山瀬まみ(46)、井上和香(35)、渡辺美奈代(46)ら浮名を流した女性タレントは数知れず。いしのようことは同棲説もあったが、そうしたチャンスを結婚に結び付けることはできなかったのか。志村をよく知る芸能記者が言う。

「志村さんは若い女が好きなんです。付き合うことができても、ちょっと“大人”になると飽きてしまい、駄目になる」

 志村けんよ、大丈夫かぁ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る