絶頂期は年収14億円 「財産ない」加藤茶はどう使い果たした?

公開日: 更新日:

 5日の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、加藤茶(72)が明かした絶頂期のギャラが芸能界に衝撃を与えている。

 番組中、加藤は「忙しい年は1本1800万円の営業が年間70~80本あった」と話した。単純計算して年収14億円。69年から16年間続いた「全員集合」の頃の話というから、仮に10年間続いたとしても、それだけで140億円を稼いだことになる。「ギャラは5等分じゃなくて、長さん(いかりや長介)がほとんど持ってった」とはいえ、驚異的な金額である。

 一方で加藤は別の番組で、45歳年下の妻・綾菜さんが“財産狙い”と言われていることをかばう意味で“財産、ないのよ、俺。ちょっとだけよ”と語ったことがある。では、一体、いかりやの分を差し引いてメンバーで分けた何十億円ものカネを何に使ったのか。

「前妻との離婚の際、ヤケクソになって“銀座で全部使っちゃった”などとケムに巻いていました。実際、財産分与や賭け事、豪遊で使い果たしたのは確かなようです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る