日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

志村けんブーム再燃の裏にある“本物芸人”不在とTV界の焦り

 今さらというなかれ。志村けん(65)が時の人になっている。

 21日には久々に加藤茶(72)と組んで「だいじょぶだぁスペシャル」(フジテレビ系)に出演するほか、8月17日にはNHKのコント番組「となりのシムラ」に登場する。「となりの――」は昨年末に放送され、好評を受けての第2弾。西田敏行や伊藤蘭らも出演する期待の番組だ。

 ちょっと前には同じくNHK─BSプレミアムの「これがホントのニッポン芸能史」でビートたけし、所ジョージらと熱いトークをかわした。現在の志村のレギュラー番組といえば、「志村座」(フジテレビ系)と「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)ぐらいだが、ここにきて急に活躍の場が増えたのはなぜなのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「“テレビの劣化”に当のテレビマンたちが気付いたというのが一番の理由でしょう。ここ数年のお笑い番組といえば、芸のない芸人を集めて、後輩イジリをしたり、身内の楽屋話をダラダラと流してただけ。当初はそれでもそこそこ数字が取れたが、さすがに飽きられてきた。ならば“やっぱり本物”ということになったのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事