志村けんブーム再燃の裏にある“本物芸人”不在とTV界の焦り

公開日:  更新日:

 今さらというなかれ。志村けん(65)が時の人になっている。

 21日には久々に加藤茶(72)と組んで「だいじょぶだぁスペシャル」(フジテレビ系)に出演するほか、8月17日にはNHKのコント番組「となりのシムラ」に登場する。「となりの――」は昨年末に放送され、好評を受けての第2弾。西田敏行や伊藤蘭らも出演する期待の番組だ。

 ちょっと前には同じくNHK─BSプレミアムの「これがホントのニッポン芸能史」でビートたけし、所ジョージらと熱いトークをかわした。現在の志村のレギュラー番組といえば、「志村座」(フジテレビ系)と「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)ぐらいだが、ここにきて急に活躍の場が増えたのはなぜなのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「“テレビの劣化”に当のテレビマンたちが気付いたというのが一番の理由でしょう。ここ数年のお笑い番組といえば、芸のない芸人を集めて、後輩イジリをしたり、身内の楽屋話をダラダラと流してただけ。当初はそれでもそこそこ数字が取れたが、さすがに飽きられてきた。ならば“やっぱり本物”ということになったのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る