志村けんブーム再燃の裏にある“本物芸人”不在とTV界の焦り

公開日: 更新日:

 今さらというなかれ。志村けん(65)が時の人になっている。

 21日には久々に加藤茶(72)と組んで「だいじょぶだぁスペシャル」(フジテレビ系)に出演するほか、8月17日にはNHKのコント番組「となりのシムラ」に登場する。「となりの――」は昨年末に放送され、好評を受けての第2弾。西田敏行伊藤蘭らも出演する期待の番組だ。

 ちょっと前には同じくNHK─BSプレミアムの「これがホントのニッポン芸能史」でビートたけし所ジョージらと熱いトークをかわした。現在の志村のレギュラー番組といえば、「志村座」(フジテレビ系)と「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)ぐらいだが、ここにきて急に活躍の場が増えたのはなぜなのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「“テレビの劣化”に当のテレビマンたちが気付いたというのが一番の理由でしょう。ここ数年のお笑い番組といえば、芸のない芸人を集めて、後輩イジリをしたり、身内の楽屋話をダラダラと流してただけ。当初はそれでもそこそこ数字が取れたが、さすがに飽きられてきた。ならば“やっぱり本物”ということになったのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

もっと見る