中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第1回>「とにかく現地に行って徹底的に取材してくれ」

公開日:  更新日:

 世界情勢はパリ同時多発テロに続く銃乱射事件など混迷を深める一方だが、その原点ともいえるニューヨークで、中村記者が目撃した衝撃の光景とは――。

「うそだろ!」

 ニューヨークの世界貿易センターに飛行機が突っ込んでいく映像を見て、編集部員は驚きの声を上げ一同絶句した─―。

 2001年9月11日午後10時前(日本時間)、「番組の途中ですがニューヨークで大きな航空機事件がありましたので、緊急のニュースをここでお伝えします」。テレビ画面が一斉に臨時ニュースに切り替わり、アメリカン航空11便が同ビルツインタワー北棟に激突する様子を流した。航空事故なのかと思った直後、真っ青な上空から突如、ユナイテッド航空175便が現れ、今度はツインタワー南棟に突入、爆発炎上したのだ。もうもうと吹き出る黒煙が静かにたなびいている。はたしてこの世の現実なのか。前代未聞の航空機2機激突。なにかが起きている。それこそが大規模テロの始まりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る