ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「教養としての平成お笑い史」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

格差婚も順調 歌ネタブームが後押しする椿鬼奴の“持ち味”

公開日: 更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 昨年は千原ジュニア、川島明田中裕二など有名芸人たちの結婚ラッシュがあった。中でも、女性芸人の椿鬼奴(43)の結婚は相手も同じ芸人で話題となった。

 鬼奴のハートを射止めたのはお笑いトリオ「グランジ」の佐藤大(35)。芸人としての収入も少ない上に多額の借金を抱えている佐藤と、テレビでも人気の鬼奴との結婚は典型的な「格差婚」にも見えるが、ギャンブルという共通の趣味があって気が合う2人は幸せそうだ。大久保佳代子、光浦靖子などアラフォー女性芸人は独身組が多い中で、鬼奴の結婚は同世代の女性たちにも夢を与えたのではないか。

 鬼奴は実は育ちがいい。父親がバブル期に株式投資で一財産を築いたため、何不自由ない生活を送っていた。子供の頃は英会話やピアノなどの習い事もしていた。名門女子大を卒業後はペットフードの会社に就職。仕事が退屈すぎたため、習い事感覚でお笑いの養成所に入学したが、その後、勤務先の会社が倒産してしまったため、芸人に専念することになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚