• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

格差婚も順調 歌ネタブームが後押しする椿鬼奴の“持ち味”

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 昨年は千原ジュニア、川島明、田中裕二など有名芸人たちの結婚ラッシュがあった。中でも、女性芸人の椿鬼奴(43)の結婚は相手も同じ芸人で話題となった。

 鬼奴のハートを射止めたのはお笑いトリオ「グランジ」の佐藤大(35)。芸人としての収入も少ない上に多額の借金を抱えている佐藤と、テレビでも人気の鬼奴との結婚は典型的な「格差婚」にも見えるが、ギャンブルという共通の趣味があって気が合う2人は幸せそうだ。大久保佳代子、光浦靖子などアラフォー女性芸人は独身組が多い中で、鬼奴の結婚は同世代の女性たちにも夢を与えたのではないか。

 鬼奴は実は育ちがいい。父親がバブル期に株式投資で一財産を築いたため、何不自由ない生活を送っていた。子供の頃は英会話やピアノなどの習い事もしていた。名門女子大を卒業後はペットフードの会社に就職。仕事が退屈すぎたため、習い事感覚でお笑いの養成所に入学したが、その後、勤務先の会社が倒産してしまったため、芸人に専念することになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る