日本アカデミー賞司会 宮沢りえの色気に西田敏行ニンマリ

公開日: 更新日:

 胸元が大きく開いた黒のドレスで登場した。18日、「第39回日本アカデミー賞」優秀賞記者発表会見が開かれ、12年ぶりに授賞式の司会を務めることになった宮沢りえ(42)。

 前回、映画「紙の月」で最優秀主演女優賞を受賞した宮沢は「いつもはとてもクールな吉田大八監督が、(昨年の)受賞の瞬間にガッツポーズをしていた。撮影中にも見たことがなかったので、日本アカデミー賞の価値や意味をとても感じました」と語り、「アカデミー賞の最優秀主演女優賞という素晴らしい賞をいただくと、司会という大役がもれなくついてくるという現実に背筋が伸びる思いです」と気を引き締めていた。

 一方、今年で総合司会3年目となる西田敏行(68)は「今年も素晴らしいお相手を選んでいただきました。楽しい司会進行に努めたいと思っています」と色気たっぷりの“相棒”にニンマリ。優秀作品賞には「海街diary」「海難1890」「日本のいちばん長い日」「母と暮せば」「百円の恋」がノミネート。

 授賞式は3月4日に行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る