「記憶ない」90連発…野々村被告の“記憶障害”に勝算は?

公開日: 更新日:

“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が26日開かれた。野々村被告は「記憶がございません」との言葉を90回も連発し、起訴内容を否認。傍聴席から失笑が漏れる異様な裁判となった。

 黒スーツに丸坊主で現れた野々村被告。体形は以前より丸くなっていた。傍聴したジャーナリストは言う。

「冒頭は落ち着いた様子でしたが、検察の質問が始まると、次第に涙目になり、おびえた表情で取り乱すことが多くなった。弁護人に『あまり長くしゃべらないように』とたしなめられ、泣き出す場面もありました」

 野々村被告は「右耳じゃないと、言葉の意味が分からない」と話し、体をひねったり、寝そべるようにして検察官らの話を聞いていた。質問のたび「記憶を確認するためにお待ちいただきますようお願いします」と、10秒以上、目を閉じて考え込み、苛立った裁判長から「パパッと答えてくれませんか」と注意されるありさまだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る