「記憶ない」90連発…野々村被告の“記憶障害”に勝算は?

公開日: 更新日:

“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が26日開かれた。野々村被告は「記憶がございません」との言葉を90回も連発し、起訴内容を否認。傍聴席から失笑が漏れる異様な裁判となった。

 黒スーツに丸坊主で現れた野々村被告。体形は以前より丸くなっていた。傍聴したジャーナリストは言う。

「冒頭は落ち着いた様子でしたが、検察の質問が始まると、次第に涙目になり、おびえた表情で取り乱すことが多くなった。弁護人に『あまり長くしゃべらないように』とたしなめられ、泣き出す場面もありました」

 野々村被告は「右耳じゃないと、言葉の意味が分からない」と話し、体をひねったり、寝そべるようにして検察官らの話を聞いていた。質問のたび「記憶を確認するためにお待ちいただきますようお願いします」と、10秒以上、目を閉じて考え込み、苛立った裁判長から「パパッと答えてくれませんか」と注意されるありさまだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る