「記憶ない」90連発…野々村被告の“記憶障害”に勝算は?

公開日:  更新日:

“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が26日開かれた。野々村被告は「記憶がございません」との言葉を90回も連発し、起訴内容を否認。傍聴席から失笑が漏れる異様な裁判となった。

 黒スーツに丸坊主で現れた野々村被告。体形は以前より丸くなっていた。傍聴したジャーナリストは言う。

「冒頭は落ち着いた様子でしたが、検察の質問が始まると、次第に涙目になり、おびえた表情で取り乱すことが多くなった。弁護人に『あまり長くしゃべらないように』とたしなめられ、泣き出す場面もありました」

 野々村被告は「右耳じゃないと、言葉の意味が分からない」と話し、体をひねったり、寝そべるようにして検察官らの話を聞いていた。質問のたび「記憶を確認するためにお待ちいただきますようお願いします」と、10秒以上、目を閉じて考え込み、苛立った裁判長から「パパッと答えてくれませんか」と注意されるありさまだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る