先輩を真似た? 号泣県議だけじゃない「政活費」の無法実態

公開日: 更新日:

 号泣県議の不正支出をきっかけに、地方議会の政務活動費があらためて問題視されている。「第2の議員報酬」といわれる政活費のデタラメ実態を徹底的に探る。

 兵庫の野々村竜太郎県議(47)の「号泣会見」をワイドショーが繰り返し流していた今月1日。富士山の山開きでにぎわう山梨でも県議会の政活費に注目が集まった。この日公表された13年度分の各県議の政活費には、インドネシアや韓国などの海外視察代の支出がズラリ。計664万円も計上されていた。

 山梨県政とインドネシアが、どう結びつくのか分からない。それでも、きちんと報告をまとめていればまだしも、議会に提出した「視察概要」はたった2枚のペーパーだけ――。

「山梨県議会では、09、10年に実施した海外視察が『私的旅行』と認定され、旅費(850万円)の全額返還を命じる東京高裁判決が5月に確定したばかり。県民無視の議会の姿勢には怒りを覚えます」(山梨県政担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る