充実の女優・桃井かおり ベルリン国際映画祭に意欲満々

公開日: 更新日:

 桃井かおりが映画でフル稼働している。監督・出演した邦画と外国映画の2本が2月11日から開催されるベルリン国際映画祭に出品、上映されることが決まった。映画に並々ならぬ意欲を見せてきた桃井にとって長年の苦労が海外で実になりつつある。

 出品されるのは邦画の「火 Hee」とドイツ映画「フクシマ、モナムール(原題)」。前者は2006年の「無花果の顔」に次ぐ桃井の監督第2作にあたる(脚本も書き、主演もしている)。原作は芥川賞作家、中村文則氏の短編「火」だ。

 出演だけの「フクシマ――」はタイトルから、岡田英次が出演したかつての名作「ヒロシマ、モナムール」(公開時の邦題は「二十四時間の情事」)を思い出させる。こちらは原爆投下から数年後の広島を舞台にした男女の恋愛劇だったが、「フクシマ――」もそれに関連があるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る