充実の女優・桃井かおり ベルリン国際映画祭に意欲満々

公開日:  更新日:

 桃井かおりが映画でフル稼働している。監督・出演した邦画と外国映画の2本が2月11日から開催されるベルリン国際映画祭に出品、上映されることが決まった。映画に並々ならぬ意欲を見せてきた桃井にとって長年の苦労が海外で実になりつつある。

 出品されるのは邦画の「火 Hee」とドイツ映画「フクシマ、モナムール(原題)」。前者は2006年の「無花果の顔」に次ぐ桃井の監督第2作にあたる(脚本も書き、主演もしている)。原作は芥川賞作家、中村文則氏の短編「火」だ。

 出演だけの「フクシマ――」はタイトルから、岡田英次が出演したかつての名作「ヒロシマ、モナムール」(公開時の邦題は「二十四時間の情事」)を思い出させる。こちらは原爆投下から数年後の広島を舞台にした男女の恋愛劇だったが、「フクシマ――」もそれに関連があるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る