美女7人日替わり制へ 新「クロ現」は国谷イズム継げるか

公開日: 更新日:

 NHKの新年度からの新キャスター発表会見が2日、同局で行われた。中でも注目は、「クローズアップ現代+(プラス)」。1993年から22年間にわたってキャスターを務めた国谷裕子(58)が3月末で降板する報道番組「クローズアップ現代」の後番組だ。

 4月からは杉浦友紀(32)、久保田祐佳(33)、小郷知子(37)、松村正代(34)、伊東敏恵(43)、鎌倉千秋(37)、井上あさひ(34)の7人がテーマに合わせて交代制でキャスターを務めることになった。放送時間帯も月~木曜の午後7時30分から午後10時に変更。

 久保田アナは「国谷さんと比べると知識も少ないので、もっと勉強していきたい。ひとりの生活者としておかしいと思うことはおかしいと言いたいし、疑問に思ったことはぶつけていきたい」と語ったが、これまでは豊富な知識に裏打ちされた歯に衣着せぬ「国谷節」が見どころで、官邸までもキリキリさせていたが、7人の美女軍団で番組はどう変わるのか。上智大・碓井広義教授(メディア論)はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る