美女7人日替わり制へ 新「クロ現」は国谷イズム継げるか

公開日: 更新日:

 NHKの新年度からの新キャスター発表会見が2日、同局で行われた。中でも注目は、「クローズアップ現代+(プラス)」。1993年から22年間にわたってキャスターを務めた国谷裕子(58)が3月末で降板する報道番組「クローズアップ現代」の後番組だ。

 4月からは杉浦友紀(32)、久保田祐佳(33)、小郷知子(37)、松村正代(34)、伊東敏恵(43)、鎌倉千秋(37)、井上あさひ(34)の7人がテーマに合わせて交代制でキャスターを務めることになった。放送時間帯も月~木曜の午後7時30分から午後10時に変更。

 久保田アナは「国谷さんと比べると知識も少ないので、もっと勉強していきたい。ひとりの生活者としておかしいと思うことはおかしいと言いたいし、疑問に思ったことはぶつけていきたい」と語ったが、これまでは豊富な知識に裏打ちされた歯に衣着せぬ「国谷節」が見どころで、官邸までもキリキリさせていたが、7人の美女軍団で番組はどう変わるのか。上智大・碓井広義教授(メディア論)はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る