ランク上位に急浮上 NHK桑子アナは“第2の有働”になれるか

公開日:  更新日:

 9日発表された「好きな女子アナランキング」(オリコンスタイル調べ)で日本テレビの水卜麻美アナがV3を達成したそうだが、もっと注目のアナウンサーがいる。前回の圏外からいきなり5位に食い込んできたNHKの桑子真帆アナ(28)だ。

 現在「ブラタモリ」を担当しているから、顔をご記憶の読者も多いだろう。人気の秘密は何か。女子アナにも詳しい芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「『ブラタモリ』の影響が大きいと思いますが、それだけではありません。彼女は現在『ニュース7』でサブキャスター、首都圏ニュースではキャスターを務めていて、“硬軟両用”ができるタイプ。NHKの起用次第では有働(由美子)さんクラスになる可能性を秘めています」

「ブラタモリ」を担当する直前までは広島放送局勤務ながら、BSの子供番組「ワラッチャオ!」を担当していた。番組中では奇抜な着ぐるみを着て子供たちを喜ばせたり、いきなりタレント・ローラのものまねをしてみたり。そのため、月イチペースで広島から東京に通っていたという変わり種だ。

「ひょっとすると、将来『紅白』の司会を担当するかも知れません。そうなると、今年は失敗したタモリの総合司会が実現するかも知れない。そのためにも、NHKは彼女を丁寧に育てるはずです」(前出の比留間氏)

 次代のエース候補だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る