ランク上位に急浮上 NHK桑子アナは“第2の有働”になれるか

公開日:  更新日:

 9日発表された「好きな女子アナランキング」(オリコンスタイル調べ)で日本テレビの水卜麻美アナがV3を達成したそうだが、もっと注目のアナウンサーがいる。前回の圏外からいきなり5位に食い込んできたNHKの桑子真帆アナ(28)だ。

 現在「ブラタモリ」を担当しているから、顔をご記憶の読者も多いだろう。人気の秘密は何か。女子アナにも詳しい芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「『ブラタモリ』の影響が大きいと思いますが、それだけではありません。彼女は現在『ニュース7』でサブキャスター、首都圏ニュースではキャスターを務めていて、“硬軟両用”ができるタイプ。NHKの起用次第では有働(由美子)さんクラスになる可能性を秘めています」

「ブラタモリ」を担当する直前までは広島放送局勤務ながら、BSの子供番組「ワラッチャオ!」を担当していた。番組中では奇抜な着ぐるみを着て子供たちを喜ばせたり、いきなりタレント・ローラのものまねをしてみたり。そのため、月イチペースで広島から東京に通っていたという変わり種だ。

「ひょっとすると、将来『紅白』の司会を担当するかも知れません。そうなると、今年は失敗したタモリの総合司会が実現するかも知れない。そのためにも、NHKは彼女を丁寧に育てるはずです」(前出の比留間氏)

 次代のエース候補だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る