ランク上位に急浮上 NHK桑子アナは“第2の有働”になれるか

公開日: 更新日:

 9日発表された「好きな女子アナランキング」(オリコンスタイル調べ)で日本テレビ水卜麻美アナがV3を達成したそうだが、もっと注目のアナウンサーがいる。前回の圏外からいきなり5位に食い込んできたNHKの桑子真帆アナ(28)だ。

 現在「ブラタモリ」を担当しているから、顔をご記憶の読者も多いだろう。人気の秘密は何か。女子アナにも詳しい芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「『ブラタモリ』の影響が大きいと思いますが、それだけではありません。彼女は現在『ニュース7』でサブキャスター、首都圏ニュースではキャスターを務めていて、“硬軟両用”ができるタイプ。NHKの起用次第では有働(由美子)さんクラスになる可能性を秘めています」

「ブラタモリ」を担当する直前までは広島放送局勤務ながら、BSの子供番組「ワラッチャオ!」を担当していた。番組中では奇抜な着ぐるみを着て子供たちを喜ばせたり、いきなりタレント・ローラのものまねをしてみたり。そのため、月イチペースで広島から東京に通っていたという変わり種だ。

「ひょっとすると、将来『紅白』の司会を担当するかも知れません。そうなると、今年は失敗したタモリの総合司会が実現するかも知れない。そのためにも、NHKは彼女を丁寧に育てるはずです」(前出の比留間氏)

 次代のエース候補だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る