日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ランク上位に急浮上 NHK桑子アナは“第2の有働”になれるか

 9日発表された「好きな女子アナランキング」(オリコンスタイル調べ)で日本テレビの水卜麻美アナがV3を達成したそうだが、もっと注目のアナウンサーがいる。前回の圏外からいきなり5位に食い込んできたNHKの桑子真帆アナ(28)だ。

 現在「ブラタモリ」を担当しているから、顔をご記憶の読者も多いだろう。人気の秘密は何か。女子アナにも詳しい芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「『ブラタモリ』の影響が大きいと思いますが、それだけではありません。彼女は現在『ニュース7』でサブキャスター、首都圏ニュースではキャスターを務めていて、“硬軟両用”ができるタイプ。NHKの起用次第では有働(由美子)さんクラスになる可能性を秘めています」

「ブラタモリ」を担当する直前までは広島放送局勤務ながら、BSの子供番組「ワラッチャオ!」を担当していた。番組中では奇抜な着ぐるみを着て子供たちを喜ばせたり、いきなりタレント・ローラのものまねをしてみたり。そのため、月イチペースで広島から東京に通っていたという変わり種だ。

「ひょっとすると、将来『紅白』の司会を担当するかも知れません。そうなると、今年は失敗したタモリの総合司会が実現するかも知れない。そのためにも、NHKは彼女を丁寧に育てるはずです」(前出の比留間氏)

 次代のエース候補だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事