意外にも多数派? 紗栄子の“落花生豆まき”が大反響

公開日: 更新日:

 今年は2月3日が節分だった。当然、豆まきを楽しんだ家庭も多いことだろう。そんな中、タレントの紗栄子(29)が3日夜にインスタグラムで公開した豆まきの様子が反響を呼んでいる。

 紗栄子は「豆まき」というメッセージを添え、手に枡を持つ写真をアップ。その枡の中を見てみると、入っているのは何と大豆ではなく、落花生だ。写真の奥には息子らしき脚も映り込んでおり、どうやら家族で豆まきを楽しんだようだ。

 ファンからは<わー! ピーナッツでやるんですね!>と驚きの声が上がる一方、<うちもピーナッツです>という意見も。<秋田も落花生です><新潟も落花生です><鹿児島も落花生です>と、都道府県名を明かすファンも次々に現れた。

 実は、豆まきに落花生を使う地域は多く、全国落花生協会のウェブサイトでは「北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の一部では、節分の豆まきには、から付きなどの落花生を使っています」と紹介されている。

 また紗栄子が宮崎県出身ということを知るファンからは、<さすが宮崎人 我が家も落花生><東京に染まってない感じがほっこりしました やっぱり豆まきは落花生ですよね>などの書き込みも。

 豆まきの1コマが、多くのファンの心を温かくしたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る