• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

意外にも多数派? 紗栄子の“落花生豆まき”が大反響

 今年は2月3日が節分だった。当然、豆まきを楽しんだ家庭も多いことだろう。そんな中、タレントの紗栄子(29)が3日夜にインスタグラムで公開した豆まきの様子が反響を呼んでいる。

 紗栄子は「豆まき」というメッセージを添え、手に枡を持つ写真をアップ。その枡の中を見てみると、入っているのは何と大豆ではなく、落花生だ。写真の奥には息子らしき脚も映り込んでおり、どうやら家族で豆まきを楽しんだようだ。

 ファンからは<わー! ピーナッツでやるんですね!>と驚きの声が上がる一方、<うちもピーナッツです>という意見も。<秋田も落花生です><新潟も落花生です><鹿児島も落花生です>と、都道府県名を明かすファンも次々に現れた。

 実は、豆まきに落花生を使う地域は多く、全国落花生協会のウェブサイトでは「北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の一部では、節分の豆まきには、から付きなどの落花生を使っています」と紹介されている。

 また紗栄子が宮崎県出身ということを知るファンからは、<さすが宮崎人 我が家も落花生><東京に染まってない感じがほっこりしました やっぱり豆まきは落花生ですよね>などの書き込みも。

 豆まきの1コマが、多くのファンの心を温かくしたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る