ASKA、酒井法子…覚醒剤で逮捕されたタレントたちは今

公開日:  更新日:

「自分でもやめたほうがいいと思っているのに、一度やった気持ちよさや幸福感が脳に刻まれていて、ヤバイと分かっていても手を出してしまう」

 清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件で、覚醒剤中毒について自らの経験を語る元タレント田代まさし(59)の証言が生々しいと話題だ。田代は現在、薬物依存の更生支援施設「ダルク」におり、刑務所での3年半、さらに出所後1年7カ月とあわせ5年以上、薬物を絶っているというが、一方で、「いまだにやりたいと思う瞬間がある」とも語り、覚醒剤中毒の恐ろしさを印象付けた。

 田代は芸能界への復帰を目指しているが、「今回のような事件でのコメントで登場するくらいで、通常のタレント活動は難しい。レギュラーなどとてもとても……」と放送関係者は言う。

 田代は薬物中毒からの更生を目指しているが、薬物での逮捕歴のある芸能人を見ると、立ち直るのは簡単じゃないことが分かる。まずは2014年に覚醒剤取締法違反の罪で有罪判決を受けたASKA(57)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る