ASKA、酒井法子…覚醒剤で逮捕されたタレントたちは今

公開日: 更新日:

「自分でもやめたほうがいいと思っているのに、一度やった気持ちよさや幸福感が脳に刻まれていて、ヤバイと分かっていても手を出してしまう」

 清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件で、覚醒剤中毒について自らの経験を語る元タレント田代まさし(59)の証言が生々しいと話題だ。田代は現在、薬物依存の更生支援施設「ダルク」におり、刑務所での3年半、さらに出所後1年7カ月とあわせ5年以上、薬物を絶っているというが、一方で、「いまだにやりたいと思う瞬間がある」とも語り、覚醒剤中毒の恐ろしさを印象付けた。

 田代は芸能界への復帰を目指しているが、「今回のような事件でのコメントで登場するくらいで、通常のタレント活動は難しい。レギュラーなどとてもとても……」と放送関係者は言う。

 田代は薬物中毒からの更生を目指しているが、薬物での逮捕歴のある芸能人を見ると、立ち直るのは簡単じゃないことが分かる。まずは2014年に覚醒剤取締法違反の罪で有罪判決を受けたASKA(57)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る