日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

超長文“暴走ブログ”で心配される ASKAの危ない精神状態

 9万5000文字もの長文は、現在のASKAの精神状態を知るには十分なものといえるだろう。

 2014年9月に覚醒剤取締法違反罪で有罪判決を受けた歌手のASKA(57)が9日、ブログを更新。約9万5000文字もの長さにわたり自身の近況、薬物との関わり、事件の顛末などをつづっている。

 文章は「みなさん、お久しぶりです。ASKAです」という挨拶で始まり、一緒に逮捕された栩内香澄美(38)の自宅マンションを早朝に出て逮捕される瞬間までを描く「序章」、初めて違法薬物を体験した「ロンドン」、「盗聴盗撮」「覚せい剤」「恐喝」「週刊文春」「裁判」など20章立て。各章には新作の散文詩も添えられており、ASKAが事件に関する“告白本”を極秘出版するために書きためたものを公開したと推察される。

 このブログは10日になって突然、削除されてしまったが、文中では暴力団との関係や違法薬物の使用を認めた上で、事件の第一報を報じた週刊文春の取材手法などを「だまし討ち」と批判。〈私の犯した「事件の事実」以外、私の目に飛び込んできた関連記事は全部嘘です。ひとつも本当のことはありませんでした〉などと事件を報じたマスコミ批判も繰り広げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事