超長文“暴走ブログ”で心配される ASKAの危ない精神状態

公開日: 更新日:

 9万5000文字もの長文は、現在のASKAの精神状態を知るには十分なものといえるだろう。

 2014年9月に覚醒剤取締法違反罪で有罪判決を受けた歌手のASKA(57)が9日、ブログを更新。約9万5000文字もの長さにわたり自身の近況、薬物との関わり、事件の顛末などをつづっている。

 文章は「みなさん、お久しぶりです。ASKAです」という挨拶で始まり、一緒に逮捕された栩内香澄美(38)の自宅マンションを早朝に出て逮捕される瞬間までを描く「序章」、初めて違法薬物を体験した「ロンドン」、「盗聴盗撮」「覚せい剤」「恐喝」「週刊文春」「裁判」など20章立て。各章には新作の散文詩も添えられており、ASKAが事件に関する“告白本”を極秘出版するために書きためたものを公開したと推察される。

 このブログは10日になって突然、削除されてしまったが、文中では暴力団との関係や違法薬物の使用を認めた上で、事件の第一報を報じた週刊文春の取材手法などを「だまし討ち」と批判。〈私の犯した「事件の事実」以外、私の目に飛び込んできた関連記事は全部嘘です。ひとつも本当のことはありませんでした〉などと事件を報じたマスコミ批判も繰り広げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る