日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脳腫瘍の疑いで長期療養 松方弘樹“釣り人生本”どうなる?

 俳優の松方弘樹(73)が長期療養することが23日、所属事務所・夢グループから発表された。

 夢グループによると、医師の診断の結果、脳腫瘍の可能性があり、長期療養と検査が必要だという。これに伴い、3月からのコンサート(31会場45公演)と6月の舞台「遠山の金さんと女ねずみ」は公演自体を中止。松方は治療に専念するという。

 松方といえば最近は時代劇よりもマグロの方が有名に。昨年5月にも361キロの大物を釣り上げて話題になった。実は26日に釣り人生を語り尽くしたエッセーを発売予定だった。

「版元もニュースで松方の病状を知り大慌てです。すでに著者インタビューのスケジュール調整も始まっていたそうですが、いったんバラすことになりました」(関係者)

 肉声がいつ聞けるのか不安だが、そこは松方兄ぃのこと。暖かくなれば復活してまたマグロを釣っているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事