• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脳腫瘍の疑いで長期療養 松方弘樹“釣り人生本”どうなる?

 俳優の松方弘樹(73)が長期療養することが23日、所属事務所・夢グループから発表された。

 夢グループによると、医師の診断の結果、脳腫瘍の可能性があり、長期療養と検査が必要だという。これに伴い、3月からのコンサート(31会場45公演)と6月の舞台「遠山の金さんと女ねずみ」は公演自体を中止。松方は治療に専念するという。

 松方といえば最近は時代劇よりもマグロの方が有名に。昨年5月にも361キロの大物を釣り上げて話題になった。実は26日に釣り人生を語り尽くしたエッセーを発売予定だった。

「版元もニュースで松方の病状を知り大慌てです。すでに著者インタビューのスケジュール調整も始まっていたそうですが、いったんバラすことになりました」(関係者)

 肉声がいつ聞けるのか不安だが、そこは松方兄ぃのこと。暖かくなれば復活してまたマグロを釣っているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る