• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マグロ売っても一晩で…松方弘樹「採算無視」の豪快釣り伝説

 26日深夜、沖縄県石垣島周辺で361キロの巨大マグロを釣り上げたという松方弘樹(72)。08年に351キロ、09年には325キロのマグロを釣り上げて話題になったが、今回はそれをしのぐ自己最高記録である。09年のマグロが437万円で売れたことから、芸能マスコミは「落札価格に注目」「500万円超えか」なんて騒いでいるが、松方に言わせりゃ「小せぇ小せぇ」だろう。

 事務所によると「松方がこれまで釣りにかけたカネは億を優に超えるでしょう。売れたカネは漁師さんと折半だから採算を考えたら全然ワリに合いませんよ」というが、松方の目的はもちろんカネではない。

「釣人かく語りき」の著者で、松方にもインタビューしたことのあるジャーナリストの世良康さんがこう言う。

「“漁師さんと折半”といっても、松方さんの釣った魚はプレミア価格が付くので、通常の2倍から4倍の値段で売れるのです。漁師さんにしてみれば、自分が釣るよりはるかに高くなる。それをポーンと漁師さんにプレゼントする一方で、自分の取り分はどうするか。一緒に行った仲間や港の人たちを呼んで、一晩で使い果たしてしまいます。まさに“宵越しの金は持たない”の典型ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る