マグロ売っても一晩で…松方弘樹「採算無視」の豪快釣り伝説

公開日: 更新日:

 26日深夜、沖縄県石垣島周辺で361キロの巨大マグロを釣り上げたという松方弘樹(72)。08年に351キロ、09年には325キロのマグロを釣り上げて話題になったが、今回はそれをしのぐ自己最高記録である。09年のマグロが437万円で売れたことから、芸能マスコミは「落札価格に注目」「500万円超えか」なんて騒いでいるが、松方に言わせりゃ「小せぇ小せぇ」だろう。

 事務所によると「松方がこれまで釣りにかけたカネは億を優に超えるでしょう。売れたカネは漁師さんと折半だから採算を考えたら全然ワリに合いませんよ」というが、松方の目的はもちろんカネではない。

「釣人かく語りき」の著者で、松方にもインタビューしたことのあるジャーナリストの世良康さんがこう言う。

「“漁師さんと折半”といっても、松方さんの釣った魚はプレミア価格が付くので、通常の2倍から4倍の値段で売れるのです。漁師さんにしてみれば、自分が釣るよりはるかに高くなる。それをポーンと漁師さんにプレゼントする一方で、自分の取り分はどうするか。一緒に行った仲間や港の人たちを呼んで、一晩で使い果たしてしまいます。まさに“宵越しの金は持たない”の典型ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る