ベッキー謝罪会見6日後にゲス川谷と決別…週刊新潮報じる

公開日: 更新日:

 不倫騒動で芸能活動を休止中のベッキー(31)が「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)と破局していたと発売中の週刊新潮が報じている。

 同誌によると、ベッキーは報道陣を前に1月6日に謝罪したが、その後の報道の過熱、仕事への影響などを考慮した結果、川谷への気持ちが急速に冷め、会見から6日後の12日に絶交したという。また、同25日にはベッキーのマネジャーが川谷の所属事務所に赴いて川谷から直接、交際のきっかけや経緯などについてヒアリングを実施したことも報じている。

 男の「年内に離婚しようと思っている」という言葉をうのみにした結果、世間から集中砲火を浴びたウブなベッキーは現在、実家に籠もって番組の共演者やスタッフに謝罪の手紙をしたためる日々で、川谷の妻宛ての手紙も先方の事務所に預け、“直接謝罪”したいと打診を続けているというから殊勝である。

 事務所の損害はCMの違約金などで8億円に達するというが、ミソギはもう十分のはず。そもそも犯罪を犯したワケじゃなし。早く仕事に復帰してベッキースマイルを届けるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る