• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッキー謝罪会見6日後にゲス川谷と決別…週刊新潮報じる

 不倫騒動で芸能活動を休止中のベッキー(31)が「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)と破局していたと発売中の週刊新潮が報じている。

 同誌によると、ベッキーは報道陣を前に1月6日に謝罪したが、その後の報道の過熱、仕事への影響などを考慮した結果、川谷への気持ちが急速に冷め、会見から6日後の12日に絶交したという。また、同25日にはベッキーのマネジャーが川谷の所属事務所に赴いて川谷から直接、交際のきっかけや経緯などについてヒアリングを実施したことも報じている。

 男の「年内に離婚しようと思っている」という言葉をうのみにした結果、世間から集中砲火を浴びたウブなベッキーは現在、実家に籠もって番組の共演者やスタッフに謝罪の手紙をしたためる日々で、川谷の妻宛ての手紙も先方の事務所に預け、“直接謝罪”したいと打診を続けているというから殊勝である。

 事務所の損害はCMの違約金などで8億円に達するというが、ミソギはもう十分のはず。そもそも犯罪を犯したワケじゃなし。早く仕事に復帰してベッキースマイルを届けるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る