不倫発覚で開き直り…ベッキーを待ち受ける“究極の選択”

公開日:  更新日:

 ベッキーと“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との不倫はやはり続いていた。神妙な顔で「友達です」と語った会見の前日、ベッキーと川谷のLINEによるやりとりが再び明らかになった。報じた「文春」を「センテンス スプリング」と英訳。笑わせるオチまであったが、「文春、ありがとう」と報じられたことに感謝の言葉まで添えられた裏には「不倫成就」を待ち焦がれる2人の心情が読み取れる。

 芸能人の熱愛発覚は、その後の行動に微妙な変化を与える。昨年、発覚直後に「別れます」と宣言した武井咲や“嵐”の大野智のようなケースは、「仕事、人気を優先した対応」といわれている。アイドルファンからこんな話を聞いたことがある。

「露見すれば別れるから、あえてネタをマスコミに提供することもある」

 ファン心理とは実に複雑である。ベッキーは逆。発覚で気持ちが楽になり、開き直った感がある。ましてや、交際して半年足らずは恋愛が熟した時期。そう簡単に別れられるものではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る