不倫発覚で開き直り…ベッキーを待ち受ける“究極の選択”

公開日: 更新日:

 ベッキーと“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との不倫はやはり続いていた。神妙な顔で「友達です」と語った会見の前日、ベッキーと川谷のLINEによるやりとりが再び明らかになった。報じた「文春」を「センテンス スプリング」と英訳。笑わせるオチまであったが、「文春、ありがとう」と報じられたことに感謝の言葉まで添えられた裏には「不倫成就」を待ち焦がれる2人の心情が読み取れる。

 芸能人の熱愛発覚は、その後の行動に微妙な変化を与える。昨年、発覚直後に「別れます」と宣言した武井咲や“嵐”の大野智のようなケースは、「仕事、人気を優先した対応」といわれている。アイドルファンからこんな話を聞いたことがある。

「露見すれば別れるから、あえてネタをマスコミに提供することもある」

 ファン心理とは実に複雑である。ベッキーは逆。発覚で気持ちが楽になり、開き直った感がある。ましてや、交際して半年足らずは恋愛が熟した時期。そう簡単に別れられるものではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る