日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上京後に極貧生活 狩野英孝が無類の“女好き”に変わるまで

 モデルの加藤紗里(25)に歌手の川本真琴(42)に一般女性と、女関係が出るわ出るわで三股、五股などと騒がれているタレントの狩野英孝(33)。LINEによる暴露がスキャンダルに拍車を掛け、「第2のベッキー」「羽賀研二の再来か」などと言われている。果たして名うてのプレーボーイなのか、単に脇が甘いアホなのか。

 羽賀研二が梅宮アンナとの交際を宣言した後に、巨乳のグラビアタレントら別の女がゾロゾロ出てきて、お茶の間を騒がせたスキャンダルは94年に始まった。いくら叩かれてもひるまず、身の潔白を訴える際に「誠意」を連発することから、羽賀は「誠意大将軍」と呼ばれた。しかし巨額借金も明るみになり、アンナパパ梅宮辰夫からはダメ出し。そして未公開株をめぐる詐欺事件で世間を騒がせた。

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおによると、一方の狩野はTVのロケ現場で意気消沈しているそうで、伊達はブログで「狩野英孝は宮城県のゆるキャラなんだから。みんなのえいこーちゃんですから カノモンですから。いつもみたいにテンション上げて行こうぜー!」と書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事