• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北乃きい「ZIP!」が大逆転…王者「めざまし」なぜ敗れた?

 民放キー局の春の改編情報が出揃った。2年連続で年間世帯視聴率3冠王の日本テレビの全日帯(午前6時~深夜24時)の改編率は5.8%と低さが際立った。

「変える必要がない」という横綱相撲の日テレとは対照的なのが、民放4位の崖っぷちに立たされたフジテレビだ。全日帯の改編率は19.9%。改編期のたびにいじりまくっているが結果が出ない。日テレとの勢いの差を嫌でも感じさせるが、象徴的なのが長らく同時間帯視聴率首位に君臨した「めざましテレビ」の牙城を切り崩した「ZIP!」の快進撃だ。

 2月の月間視聴率は初の単独トップ(9.3%)をマーク。30年以上続いた「ズームイン」の看板を下ろし、打倒めざましの狼煙を上げたのが11年4月。ある番組制作関係者は今回の逆転劇について、こう分析する。

■耐用年数を超えた「めざまし」の衰退

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る