日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北乃きい「ZIP!」が大逆転…王者「めざまし」なぜ敗れた?

 民放キー局の春の改編情報が出揃った。2年連続で年間世帯視聴率3冠王の日本テレビの全日帯(午前6時~深夜24時)の改編率は5.8%と低さが際立った。

「変える必要がない」という横綱相撲の日テレとは対照的なのが、民放4位の崖っぷちに立たされたフジテレビだ。全日帯の改編率は19.9%。改編期のたびにいじりまくっているが結果が出ない。日テレとの勢いの差を嫌でも感じさせるが、象徴的なのが長らく同時間帯視聴率首位に君臨した「めざましテレビ」の牙城を切り崩した「ZIP!」の快進撃だ。

 2月の月間視聴率は初の単独トップ(9.3%)をマーク。30年以上続いた「ズームイン」の看板を下ろし、打倒めざましの狼煙を上げたのが11年4月。ある番組制作関係者は今回の逆転劇について、こう分析する。

■耐用年数を超えた「めざまし」の衰退

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事