嘘まみれショーンKに専門家「反社会性人格障害」疑い指摘

公開日:  更新日:

「恐らく最初は小さな嘘だったと思います。しかし、小さな嘘は最後には大きな嘘になってしまうということなんです」

 自分と重ね合わせていたのか。経歴詐称が発覚し、活動自粛に追い込まれたショーンKこと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)は以前、詐欺などの罪に問われた“号泣県議”の野々村竜太郎被告(49)について、そうコメントしていた。

「この方(野々村)は多分、根っから悪い人というわけではないのでしょう」などとも語っていたが、今となれば“自己弁護”にも聞こえる。

 米テンプル大で学位、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、パリ第一大学に留学……なんてピカピカの経歴はぜ~んぶ嘘。「年商30億円」も嘘で、本名も「川上伸一郎」。“小さな嘘”では済まされそうもない。犯罪心理に詳しい臨床心理士の矢幡洋氏は「一般論ですが」と前置きしてこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る